薄毛の男性

薄毛の男性の9割がAGAと言われるほど日本では馴染み深いですが、逆に言えばそれ以外はAGAとは全く違う原因で発症しています。
身近な例では硬貨ほどの大きさにポツンと毛が抜ける円形脱毛症でしょう。

この場合は精神的な負荷がかかっている場合や免疫上の疾患が原因となっていることが多いです。

また、今まで「癖」だと思われてきて実はストレス性のものに、髪や皮膚には異常が見られないのに自分の手で無意識に髪を抜いてしまう抜毛症という症状もあり、他の診療科の治療が必要です。性ホルモン由来で進行性の男性型脱毛症のことを略して、AGAと言います。テストステロンによる体の変化と連動するものの、自覚は30歳前後が最も多く、前髪の分け目から始まって生え際をなぞるように髪の毛が薄くなっていきます。それと同時につむじのあたりも薄くなっていくのが普通です。
何がAGAを引き起こすのかは、部分的に解明されているものの、全容の解明には程遠いです。
けれどもテストステロンという男性ホルモンを重要因子とする考え方は間違いではなく、今後さらに研究が進んでいくでしょう。
たんぱく質と亜鉛、それに、ビタミンB群を加えた栄養素が、育毛治療に最も適した栄養素だと言えるでしょう。
簡単に説明すると、たんぱく質はアミノ酸が集合して出来ているのですが、そのアミノ酸が、毛髪の主成分であるケラチンを作りだします。

亜鉛はこのケラチンを合成する役割を担っています。また、ビタミンB群を摂取することで、髪の毛を作りだす細胞である毛母細胞の活性化を促します。食品の例を挙げると、たんぱく質は大豆製品に、亜鉛の場合は牡蠣、また、ビタミンB群の場合はレバーまたは緑黄色野菜などが代表的です。

漢方薬の中には育毛効果がいくらかは期待できるものもありますが、現実に効果があらわれてくるのを待つには時間がかかります。その方の体質に合わせるように処方してもらうことはなかなか大変なことですし、使用が毎月毎月続いてくとなると、お金がかかってしまうので大きな負担となってしまいます。副作用が少ないと一般的にはされていますが、多くの人は途中で服用を中止してしまったりもするので、最低ラインとして半年は飲み続けると決めて飲んでいただきたいと思います。
自宅に居ながら髪の悩みを解消できると嬉しいですよね。最近では、髪に優しいドライヤーやヘッドスパ、または家庭用のレーザー育毛機器などの頭皮や毛髪の悩みに適した美容家電が多く使われるようになりました。

ドライヤー、ヘッドスパは使うことで育毛できるという訳ではなく、頭皮の状態を改善し、育毛治療の効果を高めるといった育毛治療の手助けとして使われています。

国内では個人販売が禁止されている育毛剤でも、外国から輸入することで個人で使うこともできるでしょう。
けれども、処方箋が必要だということは、一般に市販されている育毛剤よりも強力な成分が配合されていることになります。

体質に合った育毛剤なら、育毛効果が発揮されやすくなりますが、副作用も強くなるというリスクもあります。

それに、外国語で書かれたサイトや商品の説明が理解できなければ、詐欺に遭ってしまうかもしれません。慎重に考えて購入を決めてください。

タンパク質が豊富な乳製品は、とても育毛中に適している食べ物です。チーズは中でもL-リジンと呼ばれる必須アミノ酸を含んでいて、これは育毛治療にしばしば用いられる成分であるミノキシジルの働きを向上させる特徴を持っています。この事から、努めて摂取すると良いでしょう。

しかし、過度な摂取はカゼインという乳製品全般が含んでいる成分が他の栄養素の吸収を妨げることにつながりますから、ほどほどにしておいてください。

日常生活での意識を高めることも育毛には大切になりますが、育毛治療の効果をより感じたいのなら育毛専門クリニックは避けては通れません。

もし投薬治療であれば、長い期間そのクリニックに通うことになりますし、植毛治療は投薬治療の数倍の治療費がかかります。
ですから、あらかじめカウンセリングの予約をして、自分にピッタリのクリニックを見付けておきましょう。

育毛クリニックの殆どがカウンセリングでは料金が発生することはありません。

発症要因を考慮すると、AGAの症状は思春期を過ぎた人なら発症してもおかしくありません。
AGAの発症年齢については確固たる基準はないものの、思春期以降なら10代であろうと、AGAによる薄毛である可能性はゼロではありません。

ただ、男性ホルモンの影響が強いのか、それともストレスや免疫疾患に由来するのかを自己診断するのは危険ですから、不安を感じたら専門のクリニックで診てもらうことをお薦めします。

治療薬という点ではAGAの場合、プロペシアが有名ですが抗男性ホルモン薬であり未成年への使用は禁忌とされていることから、たとえAGAでも二十歳を超えない限りは処方不可能です。男性型脱毛症の治療は保険がきかず負担が大きいのですが、一年に一度、医療費控除を申請して税金の還付を増やすことができます。1月から12月までの間の医療費が10万円超あれば、申告で所得税の還付を受けられるだけでなく、住民税も安くなります。

AGAの診察費、薬代、病院へ行くまでの電車賃などは控除の対象となり得ます。ちなみに医療費控除というのは合算方式で、同じ世帯の一年間の医療費が全体として10万円を超える可能性は高いです。

それに風邪薬や鎮痛剤など市販の薬も控除対象ですから、領収証は捨てないことです。

購入はこちら⇒ノンシリコンシャンプーならメンズは香りで選ぼう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です